IMG_0634.JPEG

山口潤也

Juny Mag(プロデューサーネーム)

横浜出身のプロデューサー、作曲家、編曲家、キーボーディスト。

 

明治大学卒業後2008年より単身ニューヨークへと音楽の活動の場を広げる。

ニューヨークではBlue NoteやIridiumなど数々の有名ベニューにて様々なアーティストとの共演を果たす。

2011年よりネオブルース巻きのキーボーディスト兼編曲家として

日本の演歌にニューヨークの最先端の音楽(ゴスペル、R&B、フュージョンなど)を

混ぜた新しい芸術に挑戦。

2013年よりAndy Suzuki & The Methodのメンバーとしても活動を開始。

ビートルズのリンゴスターなどとも同じステージに上がる。

2014年ニュージャージー州のMetLife Stadiumにて

スーパーボール2014の開会式に出演。

8万人の観客の前で​女優/タレントのクイーン・ラティファと共に演奏した。

 

現在ではロサンゼルスに拠点を移し作曲編曲活動を広げている。

過去にJUJUや清水翔太のアルバムに参加しているが

現在はビヨンセのDrank In Loveでグラミー賞を受賞したプロデューサーグループ

"TheOrder"などとアメリカンポップをベースとした作曲活動を行っており、

ビヨンセ、ケリーローランド、カニエウェストのスタジオセッションにも参加。

 

また2016年よりJunyaをちゃんと発音できるアメリカ人がいないことから

"Juny Mag"という名義でアーティスト、プロデューサー、作曲、編曲活動をしている。

最新作品、Andy Suzuki & The Methodの新アルバム

The Glass Hourのフルプロデュースを行う。

このアルバムはアメリカビルボードのトップ記事に取り上げられ、

2017年の注目の新人として話題を呼び始めている。

また、ニューヨークで共にステージに上がっていたR&Bシンガーのユニークとも作曲活動を行う。

2018年2月14日にメジャーデビューしたRIRIのデビューアルバムには、ビヨンセのプロデューサーBrian Sokoと共にCrush On Youのプロデュースも手がける。2019年Andy Suzuki & The Method の2枚目のフルプロデュースアルバムAlibiをリリース。